後遺症と後遺障害

交通事故でなんらかの怪我を負ってしまうことは、誰にでも起こりうることです。
怪我を負った場合にかかる治療費や、怪我を負っているあいだに得られなかった収入などに対する賠償は、加害者側が負担することになっています。
しかし万が一治療の甲斐なく完治しなかった場合、いつまでも治療費を負担することは加害者にとって非常に重たいものであり、それが果てしなく続くようなことは、いくら罪を償って賠償するといってもあまり良い状態とはいえません。


治療の甲斐なく完治しない場合に残る症状については「後遺症」と称されます。
具体的には、治療後も身体的にあるいは精神的に症状が残ること、たとえば痛みやしびれが残ることなどがあります。


痛みやしびれが長期にわたって続き、これ以上改善されないとわかっていながら治療を続けるのは無意味なことです。
そのような際には「後遺症」を法的に認定し、新たな項目で賠償を求めけじめをつける必要があります。
それが「後遺障害」という言葉であらわされる概念です。


「後遺障害」とは、怪我を負って治療を続けてきたものの、その後も症状として後遺症が残り、そのことで労働能力が低下する、あるいは能力を喪失するという障害が生じた状態のことを示します。
これ以上治療しても一進一退で変わることのない状態を「症状固定」といい、症状固定以降は、後遺障害に対する損害賠償金が加害者から支払われることになります。
「後遺症」とはその症状の事実を示す言葉であり、「後遺障害」はその状態を法的に示す言葉ですが、現在では厳密に区別されることなく使用されることがあります。

Copyright © 2014 交通事故の後遺症について All Rights Reserved.